エピソードの概要

■あらすじ■
時は大正。生き馬の目を抜く浅草で、危うくも逞しく生きる少年、慎太郎。
慎太郎の日常に、「軍服の男」が不吉な予兆をもたらす。

浅草の喧噪の中に、想い人・雛乃森ぬゐの周囲に、震災後の混沌に、悲劇を携えて現れる「軍服の男」。

そして時は流れ、現代。
慎太郎は、死の床にある「軍服の男」と再会する・・・

期間 大正12年7月22日〜大正12年8月2日・現代
主な登場人物 雛乃森ぬゐ紅里文緒・ちさと・慎太郎
関連項目 連続殺人事件・浅草十二階・関東大震災
 頒布情報はこちら

サンプル画像
epilogue N1 epilogue N2 epilogue N3 epilogue N4 epilogue N5 epilogue N6